2018年2月17日 (土)

Superprestigio Dirt Track 2017

Maxresdefaults
 
 
スペインのイケてるレース♪
エグいバンクとスライドです。これ見てしまうとスーパーモトも物足りないです。
 
画像は大森 雅俊選手(MASSA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

偽物志向?

  リハビリ中ですが、、、

  転倒以降、生きる楽しみの晩酌やめています。加齢による骨の生成を少しでも進める為です。あとは、肝臓を守るためにも。

  でも今のご時世、素晴らしい偽物があります♪

Photo

  味もアルコール入りに遜色ありません。しかも、ノンカロリーですので太りません。今回から飲み始めた訳ではなく、夏の釣りや、アウトドアではずっと飲んでますw

  今回の入院手術ですが、タバコ習慣を断ち切るタイミングは確実にありましたが、我慢出来ず吸い始めてしまいました。

  そこで、、、、

71lkov6yk0l_sl1500__3
 
https://drvape.jp/

チェレンジしてますが、こちらはなかなか「とって変わるもの」にはなりません、、、
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月11日 (日)

2018 平昌オリンピック フリースタイル モーグル

500pxpyeongchang_2018_winter_olym_2
 
  自身は今シーズンは諦めていますが、怪我によりテレビはいい暇つぶしになります。今年は冬季オリンピックです。モーグルしか見ませんけどw
 
  それにしてもモーグル競技も随分と様変わりしています。
 
  まず、み~んなIDoneの板履いてます。
 
Idone
 
  大阪のマテリアルスポーツが2000年頃から販売している日本製の板です。

 日本人としては喜ばしい事ですが私的には面白くありません。HARTの板も元はアメリカ製ですが今はジャパーナが買収してますので正味日本製です。競争の原理が働かないと面白くないのです。何事も
 
  折角、世界各国のスキーヤーがしのぎを削って闘うのにみんな同じ板ではつまらないと私は思います。IDがない頃からコブ好きでしたので、アルベールビル(1992)リレハンメル(1996)頃はロシニョール、サロモン、ハート、K2、フォルクル、エラン、ダイナスターと色々あって誰がどこの板履いて勝ったということで自分も履いてみたり♪
 
  さて、女子の結果が出ました♪
 
Yjimage
 
 
  ただ一人フランスのロシニョールの板を履いているフランス人のラフォン(Perrine Laffont)が優勝♪

Rossignol_perrine_laffont_2
 
  決勝のラフォンの板は上の画像の白部分が黒になったカラーリングがやたらにカッコよかった♪
 
 ※現在はロシニョールのモーグルモデルは日本では正規輸入されていません。
 
  さて一夜明け男子が終了しました。1992アルベールビルで五輪正式種目となったモーグルです。初代金の男子はフランスのエドガーグロスピロン、女子はアメリカのドナワインブレヒトでした。日本代表は山崎修でした。以降、女子は里谷が1998の長野で金、ソルトレークで銅。男子はメダルはありませんでした。
 
  期待の堀島は転倒しましたが、同じ20歳の原が男子では初の銅メダルを獲得♪表彰台はIDoneの板で埋め尽くされました♪
 
F_10980434

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 6日 (火)

RMX250S(SJ14A) モタード化の注意点

 もともと、オフロード車という事で乗る人も少ないと思います。そして、スズキw、そして2ストローク。んでもって20年経過後にそんな希少な車種を、更に高いホイールを買ってモタード化する訳ですからそりゃあネットにもあまり情報はありません。
 
 ですのでそもそも、カタナと次元が違います。
 
【カタナの17インチ化】
・フロント 19インチ / リヤ 17インチ ⇒ 17インチ / 17インチ
・インチダウンによる 「高」 ⇒ 「低」 への補正
   フロントフォーク/リヤサスペンション/タイヤ/サイドスタンド/スイングアーム
・タイヤ等の幅による 「細」 ⇒ 「太」 への補正
   チェーンライン(オフセットスプロケ/ハブ削り込み/フレーム軌道確保等)
 
 ※ ボルトオンをうたっていたとしても、絶対現物合わせです。また、フォークオフセットによりトレールが変わる事、スイングアーム垂角変更によるアンチスクワットにも影響があります。
 
【RMX250Sの17インチモタード化】
 
・ボルトオン モタードリム として高砂チェーンからRKエキセルで販売されていました。現在はエキセルリム株式会社として分社しています。90年代に発売されてました。
 
 RMX用エキセルリム フロント 3.0-17 リヤ 3.5-17 
 タイヤサイズ       110/70-17 140/70-17 
    ※ それ以上は要加工
    ※ タイヤサイズに関しては、実際の幅が重要で国産(特にBS)は140といえど実幅はそれを超えている事が多い為、ミシュランを選択しています。
 
 せいぜい以上の事位しかネットからは拾えませんでした。なので、実際に作業も何がダメかを確かめつつ行いました。またタイヤサイズは上記に倣っていますが、リヤのリムは4.0にしています。
 
 そもそもモタード化って 21-18 ⇒ 17 - 17 です。大丈夫なん?と思いますよね。まあ、少しですが走っての感想はとってもヒラヒラ走れます♪軽快です。
 
 でも、早急に改善しておきたかった事を本日やっつけました。
 
それは、、、、、
 
サイドスタンドの変更です。

そもそも車高が高く、エンジンがかかりにくいRMXはサイドスタンド立ててのエンジンかけが足の短い私には必須なのです。当然これだけのインチダウンでサイドスタンドノーマルでいい訳ありません。エンジンかけにサイドスタンド使わないのであれば使用可能ですが、、、
 
そこで、同じスズキ後発の純正モタード車のDRZ400SMのサイドスタンドを流用する訳です♪

当然、ネットにそんな情報ないので人柱です。結果としてはバッチリ付きます♪
 
左 DR-400SM純正 右 RMX250SW純正です。
30mm程短いです。スプリングはDR-400SMはダブル、RMX250SWはシングルですが、まるっぽ流用でダブルを使用します。
 
Kimg0476_2  
 
Kimg0478_2  Kimg0477_2
適正です。十分に傾きがあり、エンジンかけにも使用できます♪当然の事ながら新品部品ではなく、美品の中古です。安いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月 3日 (土)

食指

 動き回れない分、今後について色々考えている今日この頃w
 
 過去に食指に触れたバイク&カラーなど
 
 【1987】
 
 カタナ750買うまでは実は「危ない刑事」で舘ひろしが乗ってたGSX-R750狙いでした。西部警察時代はむしろスカイラインのほうがお気に入りでしたw
 
1987gsxr750h
 
 限定解除後いろいろ探していましたが、出たばっかの中古はなかなかなく、、、街中でカタナ750の耕運機仕様ではなく1100仕様を見てしまったw で、安いカタナ750にw
 
 【1991】
 
 既に750カタナを手放しています。そう、1000の1号機を作る前です。
 
 04
 
 
 [カワサキ]GPZ900R Ninja A7です。
 
フロント16インチから17インチに変更になったばかりのモデルです。カラーリングもお気に入りでした。しかしながら、当時カタナ750で、北海道ツーリングに行った際に、数日ご一緒させて頂いた大阪の方に試乗させて頂いた事があり、カタナよりも滑らかにフケ上がるものの、フィーリングがツーリングテイストであった事から、購入に至りませんでした。
 
 ご覧いただいている方はもうお察しがついてると思いますが、「ヨシムラ」好きなので必然的に赤/黒に偏っていますw
 
 でも、ひょんな事からこんな車両をタダで先輩より譲り受けました。
 
Gsxr7502
 
 治して乗ろうと思ってましたが、カウル等の損傷もひどく車検取るには20万ほどはかかりそう、、、、、でカタナ1000のドナーになりました。
 
 でも、GSXーRの影響からか?なぜか紺/銀ツートーンカタナにしてしまったw
 
 【1997】
 
Tl1000s

 バイクもあまり乗ってませんでしたが、スズキがVツインを出すって事で結構揺らぎましたw が、、、、直4サウンドからツインへ、、、で買換えならずw
 
そして20年の月日が流れさり、、、、
 
 10年落ちのこんなバイクが気になっていますw
 
Img_6952_r

16220307_l

【2006】SV1000S
 
  でも発売後10年しか経って無いのにカタナより中古出回ってません。それだけ不人気車種でタマ數がないと言う事ですね。んでもって自身も発売当時の印象としては、「惜しい」という印象でした。理由としては顔です。サイドのラインやテールランプのとんがりイメージから合わない。その点、TLは全体のイメージは統一出来てます。SVのサイドからテールはスズキっぽくなくカッコイイのに、顔はヤマハっぽいのにカッコ悪いところがスズキっぽいwデビューは2003年ですので、GSXーR1000のMCで縦にスリムにカッコよくなった年です。SV同様にスリムな縦にすべきだったのでは?と当時思いました。
 
 でも、きっと直4サウンドと2ストサウンド(TZ250⇒RS125⇒CRM250R⇒RMX250)は切り離す事が出来ないと思いますw
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月20日 (土)

失敗を繰り返さない為に

  バイクに限った事ではありません。人生においての何にでも当てはまる事だと思います。

  失敗に対して、原因を追及し対策をたて、実践する事。仕事にも言える事だと思います。新品タイヤの危険性も認識はしていましたが、自身が痛い目に遭ったのは初めてでした。

  さて、自身の転倒の中で最も低速度で最も体の損傷が大きい事。

  サーキットでのツナギ着用は当然のことです。また、林道や、エンデューロコースではモトクロスブーツ、モトクロスパンツ、ジャージ、ウェストベルト、エルボーガードを着用必須です。

 公道では?

  とりあえず半袖では乗りませんが、バイクウェアに内蔵したパッドのみです。今回は革のライダースでパッド等は入っていません。

  復帰が何時になるかはまだリハビリも始められてない為、分かりませんが復帰するなら、前記事にもある様に衰えた反射神経、筋力に対して防御の必要性を感じています。

  ① 公道に関してもプロテクターの導入を検討してます。
 
  ② 「縁起を担ぐ」「験を担ぐ」

  自身にとっては結構重要です。(笑)

  カタナでは、紺/銀のカラーリングでしたが、自身、友人が転倒した為、変更しました。
  ブリヂストンタイヤですが、同じく自身と友人が転倒した為、以降ブリジストンのタイヤは使用しておりません。(厳密にはRMX250では使ってましたが転倒なし)

  RMX250では黄色仕様にて復活予定です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

未練

  今後のバイクライフについてです。

  RMX250については、仕様変更して楽しむ間もなく転倒してしまいましたので未練しかありません。まだまだ乗りたいです。

  さて、、、カタナです。今1000と750の2台ありますが、車検未取得にて何年も経っています。子供が今年6歳になりますから生まれてからほとんど乗ってません。

  普通で言えば長年所有してイジってきた1000を残す事が金銭的にも負担が少なく早く身軽になれると思います。でも、1000に関しては、先の夢、、、つまり今後こうしていきたいという目標が湧かなくなっています。なくはないっですけどね。マグ鍛ホイールとかウオタニとか、HID、ETCとかですかね?

   対して750ですが、自身で車両を作成して改造申請してますが、まだまだ仕上りとしては30%位です。ステップフレームカット、フレーム補強、塗装、マフラー交換、ホイール変更、、、、と一体今からどれだけお金つぎ込むんだ?と言う話しです。

  一番のキーはエンジンのフィーリングです。絶対出力である馬力は1000があるに決まってます。要はクランク(1000⇒組立式/750⇒一体式)とボア&ストローク(1000⇒69.4×66/750⇒67×53)によってエンジンフィーリングに違いがあります。それぞれの発売時期にベースとなった車両が違うからです。1100⇒2バルブのGS1000ベース、750⇒GSX750Eがベースです。

  つまり、1100と750は同じ外装を纏っていますが、心臓は違う。という事が言えます。
 
じゃあ、、、、、、

「.長年イジった1000の車体に750のエンジン積んじゃえば?」

  かもしれませんが、ただでさえ改造車って元の姿も知っていますが、あまりかけ離れたくないという気持ちがあります。特に1000は、、、750は初めからフレームとエンジンが違う為、かけ離れた状態からのスタートです。エンジンありきでの作成だからです。

  750エンジンは元のフレームの車両に試乗して、惚れこみ、元車両油冷化に伴いエンジン入手したのです。
  いっそのこと、、、、2台とも売ってカタナとかけ離れた車両に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月12日 (金)

今後の趣味を見つめ直す

  起こるべくして起こったと言わざるを得ない今回の転倒です。

  転倒に関して、15年前も今回もそうですが、自身のみならずお知り合いの方々も同じ様な事が発生している様です。同年代による発生。つまり、加齢による反応速度の低下や、筋力低下も原因として考えられると思われます。

  ウィンドサーフィンに関しては動力源が風ですので、道具による差はあれど、正に自身の肉体その物が走り影響を及ぼします。
 
  怪我をしてしまっては、家族、職場など多大な迷惑をおかけしてしまいます。自身の肉体においても自然治癒力の低下も見られます。つまり、今まで通りの楽しみ方をする為には、今まで以上に努力が必要と思われます。

  「バイクを降りる」という事に勝る安全対策はありませんが、まだ50歳にもなってませんし、まだまだ乗りたいです。

  今回の転倒によって今シーズンのスキーはもう出来そうもありませんし、ウィンドサーフィン、春までバイクもお預けかなと思っています。

 転倒後に娘が発した言葉が「バイク全部売ったらいいやん」と言われてしまいました(笑)即「ご勘弁して~」と答えましたが、、

  確かにおっしゃる通りかもしれません。(苦笑)
 
  流石に2台のカタナは乗り切れませんので1台に絞る方向で考えてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2018年1月 5日 (金)

代償2(RMX250SW)

  バイクに乗り始めて30年を越えましたが、生きて2018年を迎える事が出来ました。
  しかしながら、昨年末に不覚にも15年振りに転倒をしてしまいました。

【15年前の転倒】
紺/銀カタナの時に夏場、右折時のフロント、スリップダウンでした。自身はTシャツの軽装でしたが、すり傷、打撲のみでしたが、カタナは転倒後道路端の縁石にぶつかって止まった為、フロント全損でした。

[原因]
・自身が多忙の中での乗車機会であった事
・侵入スピードが高かったと思われます。

【今回の転倒時】
低速での右折スリップダウンです。どんどん寝かしていったというよりも右折リーンを始めてそのまま地面に落ちた感じです。車両はチャンバーに少し傷ついたのみ。ほぼ転倒ダメージを体で受けてしまい、体が故障。

[原因]
・新品タイヤでありながら、トレッド面の洗浄を怠った事、エア圧を下げなかった事
・走りたい気持ちが過ぎて、多忙な中の焦り
・冬場の夕方の時間帯
・キャブレターの不調(整備不良) ⇒アイドリング不良 ピックアップ不良
・サイドスタンドが長い事によるキックスタートの操作性の悪化
 
  前記事にて「本気整備」としましたが、「甘い」を露呈した結果で恥かしい限りです。
 
・キャブレターのオーバーホールはしたが、フロートバルブに意識が集中した為、パイロットジェット、ジェットニードル近辺の洗浄が足りない為、ツキの悪さが改善されなかったと思われます。
・新品タイヤ購入も久し振り過ぎて、パーツクリーナーぶっかけを怠っています。
  代償は非常に大きく、自身の体の故障、修理により、多大なご迷惑をおかけしております。申し訳ありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2017年12月30日 (土)

本気整備♪(RMX250SW)

 先日はお漏らしで終了、、、、

 本日、ホイール交換の為倉庫へと走って持込んで、タイヤ皮むきして帰って来る!!が計画でしたが、全く思うようにはいきませんでした。

 朝6時台からエンジンかけ⇒ 超絶お漏らしの超オーバーフロー、、、、、

 こりゃあ駄目だ、、、と倉庫で工具とホイールとコンプレッサーも自宅に持ち込もうと、エアガン探すがありません、、、電源なし倉庫なので4年は使っていません。時間も限られているので買いました。見つかった時の為に持ってた物と違うタイプを買いました♪

Kimg0438

 かわいいです♪ で、借家の玄関先に投入。近所迷惑ですみません。

Kimg0439

  完全な青空整備です。(笑)

Kimg0442

  お漏らしの原因はニードルバルブは段付きも何もありませんので、完全に受側に決まってます。キャブクリーナーと綿棒にて対応

Kimg0447

  漏れは止まりました。

Kimg0449

Kimg0448  

   しかし、キャブレターのツキが物凄く悪くアイドリングしません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

«17インチ化 モタード化(RMX250SW)