2018年12月 1日 (土)

12/1 今日 4K・8K放送開始

 世間ではそんなに騒がれずにスタートしています。

000573174

https://www.youtube.com/watch?v=jTLRFwyYWxo

 地デジ導入の時はどうだったか?10年も前で既に忘れていますが、、、、D-VHSでも録画可能であったり、ブルーレイレコーダーで録画出来たりと、安心して地デジ対応のテレビも買えたし、もっと世間も買換えの雰囲気が蔓延していた記憶があります。
 それに引き換え、今はというと何もかもマダマダって感じですね。第一に4K対応のチューナー内蔵のテレビさえ東芝位しか発売していないし、レコーダーでさえ4K録画できるの?という状態でみんな「怖くてなんにも買えない」という状態なのではないでしょうか。

 私は間違いなくその一人です。地デジの時とは全然モチベーションが違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Core2PC延命 その四】  プライマリハードディスク改善

 まだやってますw

 といってもお金は使っていませんw

 2000年頃は自作パソコン貰って、オーバークロックとかしてましたが、以降は面倒で買った既製のパソコンにパーツ買い足す程度でした。現在のPCはBTOでパーツだけ選んで買ったものです。約10年が経過して延命の為、色々とやってる訳です。

 前記事のエクスペリエンスのプライマリハードディスクの低スコアが気になって色々と調べていました。どうやらハードディスクのSATA接続にモードがある?

「なんじゃそれ、、、、、」   IDEは分かる♪ AHCIモード?????

Advabced Host Controller Interfece  というのだそうだw どうやらSSDと相性が良いようで、今時は全部これだそうだ。BIOSのレガシーやUEFIやら時代は進んでいるなあと実感、、、、、

 ただで良くなると知れば、苦労してでもやる♪ 関西人は「いくらつぎこんだ」ではなく絶対に「なんぼですんだ」です。ひらたく言えばどけちw

 ① レジストリーエディタで2箇所 修正
 ② BIOS画面で「 IDE ⇒ AHCI 」 & 「 disable ⇒ enable 」

以上の2点の変更であっさり終了

2018_1201_ssd_ahci

 プライマリハードディスクは 7.2 ⇒ 7.8にアップしました♪ 流石にSATA2までのマザーボードですのでもう限界値ですね。

 元は5.9ですので1.9は改善ですので充分に良くなっていますが、プロセッサ、メモリ、グラボに関してはまだ改善の余地はありますが、プライマリに関してはマザー交換&SATA3以上にするしか方法はありません、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

【Core2PC延命 その参】 グラフィックボード交換

姑息改、第3段となりましたw 

 ① SSDは500GBにした為、コストは少しかかりましたが大幅改善を体感できました♪

           エクスペリエンス  プライマリハードディスク  5.9 ⇒ 7.2

 ② メモリ増設は超低コストでしたが、2Gのみの増設の為、体感は僅かでした。
    ※ 4MBの中古が、低コストで多く出回っているのであればアリです。

       エクスペリエンス    プロセッサ、メモリ  共に6.9⇒8.4で大幅改善でした♪

   CPUのクワッド化については、中古のCPUがQ9550SやQ9650は5千円ほどと高いです。コスト対費用対効果は微妙ですので、多分やりません。

 ③ という事で、、、前記事にあるエクスペリエンス6.3で最低点数であるグラフィックボードの交換を行いましたw 

  グラフィックボードはCPUがiシリーズになってからはマザーボードでも兼用する事が出来るようになっています。いわゆるオンボードってやつです。でも、画像編集やゲームを行う場合はグラフィックボードは必須です。

 おまけにこの十年で考えると、HD(1920)から4K(3840)とかなり進化しております。ですので、4K対応のボードには変えようと思っていました。

 基本的にCPUの世代によって、マザーボード、メモリも規格が変わっていきます。当然互換性はありませんが、グラフィックボードの規格でいうとPCIExpressでは2.0→3.0ですが、物理的には10年前のマザーボードにも現在のグラフィックボードが刺さります。スゴイですw
 問題は古いマザーボードで、最新グラボが認識するかどうかが鍵となります。BIOSがレガシー→UEFIに変わっています。iシリーズの一部(初期?)では、地雷(認識しない)という事もあるようですが、むしろその点ではもっと古いCore2世代のほうが地雷が無いかもしれません。

 以上の事から、グラフィックボードの各世代のエントリークラスの性能と中古価格を色々と調べてみました。

 現在は2008年発売の【SAPPHIRE】RADEONのHD 4670 512MBです。1スロット(2スロット占有)です。既に10年が経過しています。
111383320rvd3543top

●  低電力モデル メモリ(TDP) HDMI仕様 中古価格
【RADEON】 
2012 HD  7750  1G(55W) 4K/30P  3000円位
2017 RX 550 2G(50W) 4K/60P  6000円位 
2017 RX 560   4G(75W)  4K/60P 10000円位
【NVIDIA】 
2014 GTX750Ti 2G(60W) 4K/30P   6000円位
2017 GT1030   2G(30W) 4K/60P 新10000円位
2017 GTX1050Ti 4G(75W) 4K/60P 13000円位
  
 性能、取付サイズ、消費電力と販売価格のバランス、4K/60P対応かどうかで考えると、結局最新が一番いいという結論にw また、10年の開きがあるので実際に古マザボに新しいグラボを載せておられる方はMSI/ASUS製が多い様です。

  近年はNVIDIAの方が圧倒的のようですが、パッケージの色はカワサキカラーの黒/緑なのでヨシムラカラー(黒/赤)のRADEONにしました♪
 
そう、、、箱の色で選びましたw

Product_7_20170426172637_590067cd25
【MSI】  RADEON RX 560 AERO ITX OC 4Gb
   
  もちろん、、、、、中古です。NVIDIA人気ですのでRADEONは安いです。

 厚みは2スロット分ありますが、ITXのサイズですのでスペース的には全く問題なく取付可能です♪

 交換に関してはDDUを使用し、古いグラフィックのアンインストールを確実に行う事。新ドライバーはCDROMではなく、販売元の最新のドライバーをインストールしました。私はHDMIにてスピーカー付モニターに音声出力していますが、ドライバーインストール時にHDMIの音声のドライバーをインストールしてしまい、音声が出なくなってしまいました。

 再度DDUにてドライバを削除後に、サウンドのチェックを外し再インストールしました。チェックなしでサウンドドライバーインストールしなくても、自動的にAMD High Definision Diviceとなり音声出力できています。

 インターネットの画面表示のレスポンスも良好、動画も反応がいいです♪

2018_1129_graphic

   スコアはもっと行くかと思ってましたが、8.3でした、、、1050Tiで8.5辺りの模様

 これにて姑息改終了しますw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

売れてる車に寄って行く「車の顔」

 さてw 私の嫌いなジャンルのミニバンの「車の顔」大集合w

 とはいえど、私の乗ってるジャンルでいうと1ボックスとなりますが、ミニバンと同様に「上品な顔立ち」とは全く思っておりません(苦笑)だってユーザーが「車の顔」は自由なデザインには出来ませんので、売られている「顔」で我慢して買うしかありませんから、、、まあこうやって並べてみると食あたりおこしそうです、、、、

 かれこれ車に乗り始めて30年を超えてしまっておりますが、、、車のデザインがこの傾向のまま進んでいく事が心配です。単純に「売れるから」で済ませてほしくはありません。
Spacia D5 Voxy Esquire Noa Elgrand Vellfire Alfard
      
  この度、この記事を書こうと思ったのは三菱D5が出たのを見てビックらこいたからです。いつも、ガンダムチックなデザインになりますね、、、、三菱は(笑)

  私的には好きなメーカーではありませんが、ホンダ、マツダ、三菱らのメーカーは、私の印象としては独自のデザインで、余りライバルメーカーのデザインに似せたりはしない気がしていました。本来、そうあるべきですが、同ジャンルでのメーカー間で惨敗すると寄せざるを得ないのでしょう。

 自身の乗るキャラバンもハイエースに惨敗し、デザインを寄せたのがNV350です。大型ミニバンでは、ニッサンのエルグランドが、トヨタに圧勝していましたが、逆にトヨタがニッサンに寄せて人気となり、以来ニッサンは負けっぱなしといった経緯です。
  今のトヨタは社内のミニバン全車にデザインイメージを反映しています。
アルファード ⇒エスクワイア ノア ヴェルファイア ⇒ VOXY
 にという様に寄せています。スズキはいつも流行っているミニバンのイメージを明らかに寄せたデザインにて、軽自動車に反映させています。
   ま、このジャンルの車を買う事は無いので、どーでもいいんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

映画 ボヘミアンラプソディ 観ました♪

Ogp_2

http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

 ボーカルであるフレディー・マーキュリーは1991年11月24に他界しています。27年が経過しようとしています。死後もクイーンの曲、フレディのソロ曲はCM等に使われ続けます。日本では2004年に、キムタクのドラマにソロ曲である「I Was Born To love You」が使用され一気に人気になりましたが、1985年にノエビアCMに使用されています。なっつかしーw

 混んでるかな?思ったので、予約してから一人で見に行きましたが、、、全然空いていて、、、、、ひっろーーい劇場の中心付近にアラフィフが固まって座ってる、、、、(爆)若い人が見たら異様な光景でしょうねw。映像云々よりもクイーンの楽曲を映画館で聴きたかった私でした。いささか爆音ではありましたが、スッキリしました♪

 存命の頃、フレディがHIVであった事は知っていました。映画の内容でどの様に扱うのか?と気になっていました。ふんだんに盛り込まれています、、、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Core2PC延命 その弐】 メモリ増設

 自宅のPCに関しては、買換えのサイクルが長いので途中で必ず姑息な改造を行い延命を行っております。(笑)

 歴代のPCでいえば、HDD交換、メモリー増設、CPU交換など、弄らずに処分したPCはありません。ちなみに今のPCについては9年が経過しています。一番長く使用しています。そして部品交換は何も行っていませんでした。

【2009購入時】
CPU    intel Core2 Duo E8600
MB     ASUS P5Q
Memory  2Gb × 3 = 6Gb
HDD    日立GS(HDT721010SLA360/7200rpm) 1Tb
外付HDD  バッファロー USB2.0 HD-CL1.5TU2
グラフィック RADEON HD4670

2009_1108_performance_2

 購入時のスコアですが、グラフィックのスコアが最も高く、HDDのスコアが低いです。これは外付けのUSB-HDDが足を引っ張っていました。

【2016 OSの変更(Windows7→10)】

2016_1015_performance

 計測した記憶もなかったのですが、タイミングとしてはOSを10に変えた事しか思い当たりません。CPUのスコアはアップし、逆にグラフィックのスコアは下がっています。なんででしょう?

 今回の姑息改のきっかけは、Office2007のサポート終了後も使用していましたが、突如Outlook2007が使えなくなった為です。PC買換えも検討してみましたが、先立つ物もなく、PCが9年経過しているにもかかわらず、良く動いていた為、初のソフト購入となった次第です。

 ① Office2016購入
 ② ADSL回線変更 12M→39M
 ③ SSDの増設 500GB 起動ディスク化
 ④ USB-HDD → NAS
 ⑤ モニター 21.5 → 24.5
 ⑥ メモリー増設 6GB → 8GB


 という流れで、PCを買い換えないのであればと思い、PC以外の部分の改善をはかりました。

【2018 姑息な延命(笑)】

 2018_1106_performance

 以上の変更の後にエクスペリエンスインデックスを算出してみました。なんとプロセッサ&メモリについては8.4でした♪

 実質パソコンにはSSDとメモリ2Gの増設だけです。SSDの起動ディスク化は体感していますが、スコアの結果もビックりです。

 時代遅れのCORE2のそれもDUOです。QUADではありません。初期はグラフィックが最高で今は最低w なんかスコア上げたくなりますよねwなんっつっても10年前パーツだと安いしw と、、、、、QUAD化、グラボ交換、メモリを8Gb→16Gb とか、、、でもプライマリのHDはこれ以上手はない気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

年(加齢)が来たw  PCモニター 21.5 ⇒ 24.5インチ

 もうすぐ49!!(苦笑)


 スマホ ⇒ どんどん見えない ⇒ 大画面化

 スマホは約2年毎の買換えしてます。かといってデカすぎる=重いので携帯はそんなに大型化させていません。タブレットで見ますw 

 パソコンの画面 ⇒ どんどん見えない ⇒ 10年変わらずでしたので、21.5インチから24.5インチに変更しました。しっかし、、、安いんですねw 24.5インチが1万円ちょっとwもっと早くかっとけばよかったですねw

H2

http://www.iodata.jp/product/lcd/wide/kh250v-z/index.htm


 グラフィックカードは9年前のままなので、4KモニターではなくHDです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

時は来た(笑) USB-HD ⇒ NAS

  早いもので間もなく4K放送が開始となります。

  相変わらず我が家のテレビは地デジ初期の物で、内蔵チューナーも壊れたままです、、、

でも、ブルーレイレコーダーのチューナーがあるので壊れたまま使い続けていますw ブルーレイレコーダーは3台目ですが、初期頃の物とは全然違います。

   4Kになるとなお一層HDの容量がシビアになるでしょう。自身としては漸くビデオテープが整理出来たのが最近、、、(苦笑)

  PCのUSB HDDがもう10年超なので、テレビ録画、PCデータを共用できるHDDとしてNASを導入しました。

 NASというと海外製のキットが人気です。何故なら、安心出来るメーカーのHDDを別途購入し組み合わせられる事。それだけではありません。基本的にデータ転送速度が速いです。これはバッファロー、IODATAではデュアルコア搭載ですが、人気のあるSynologyではクアッドコアを搭載しています。当然高くなります。

  単純に性能だけでは確実に海外製です。しかーーし、、、、、日本には特有のコピー防止の規格があります。

  DTCPーIPです。これにより、録画データの動かしやすい番組、メーカー、機械、相性等々があり、国産パーツメーカーの完成品も捨てがたいです。バッファロー、IODATAがこれに該当します。
4tb

 現在はDTCP-IPもかなり普及しており、殆どのレコーダーのデータは移動しやすくなってきております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

2019 SUZUKI KATANA

20181002_katana_004

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

【Core2PC延命 その壱】 SSD増設&起動ドライブ化

 さて、、、、雷魚シーズンも終了してしまい、そろそろカタナ復活?

  とも思いながらも、年明けにまた手術と考えていたら、未だにバイクにも乗れず、かつウィンドサーフィンも怖くてパソコン環境の改善を図っています。

 ただ、先立つものも無いので、姑息にADSL回線速度変更(12M⇒39M)をしました。イマイチですけど、、、、

 未だにまだADSL?って話ですが、別に光もそんなに必要性を感じず、、ですので、、、

   SSD導入してみました♪
810ia2xbtql_sl1500_
https://www.wdc.com/ja-jp/products/internal-ssd/wd-blue-3d-nand-sata-ssd.html

   intel製と悩みましたが、ウェスティンデジタルは実績もあるし、安いので決定

 現物はHDDと違って軽くプラスチック製で、安っぽく感じます。昔のカセットテープの様で1万円もするのか!?てな感じです。デスクトップへの取付は10分もあれば可能です。ただ、私の場合はATXのスリムケース(coupden CP505)です。10年程前のケースですので、3.5インチベイといってもフロッピー用のベイとなります。光学ドライブ用の5インチベイの本体右側で縦置きの上下のマウントではなく、底面固定となります。(右側の内壁)

 上記理由により、SSD本体と2.5インチのSSDを3.5インチベイに取り付けるマウンタの選択が重要となります。ですので、通販ではなくパーツ販売店に事前にメジャーを持っていって計測しましたw

 底面固定となるネジピッチですが、ケースには72mmと40mmのピッチがあります。計測の結果としてはアイネックスのHDM-34が丁度40mmでした。パソコン工房のS-ATAケーブルとのセット(TK-SAT-SET-V2)を購入です。電源ケーブルはBTOパソコンなので3つも4つも余りを束ねてありました。

 取付に関しては全く問題なく、ケースは開けて準備していたのでものの数分で完了しました♪しかし、、、、電源入れると謎の再起動ラッシュ、、、、、3度目位で起動しました、、、焦りますがな、、、、、(苦笑)

 無事、起動後に認識しフォーマットします。でもここからが問題です。折角のSSDなので起動ディスクにしないと意味がありません。

 現状のHDDは1TBをパーティションを切っている為、およそCドライブ100G(結構満タン、、)&Dドライブ900G(ほぼデータ移動済)という状況です。

 クローンディスクを作るといっても1TB⇒500Gというように大から小へのクローンとなります。 私はクローンを作りたい訳ではなく、現在のHDDのなかのパーティションCの部分の100GをSSDにパーティションなしで移行したい訳です。

【クローン作成】

【パーティション管理】
 
 ネット上ではEaseUSのほうが実際に使った人の記事は多い気がします。ただ、AOMEIのほうが使い方説明は公式サイトに多く出ています。

 基本的に有料版のあるフリーソフトには不信感しかありませんが、意地でも金は払うか!って思ってます、私w

 結論から言うと、どっちのクローンソフトも無料版では痒いところ(私の希望)に手は届かず、クローンは作成していません。

 私にとってはAOMEIのPartition Assistant Standardほうが使いやすく、感じました。

 でも、AOMEIの最新の無料版はダウンロード出来ず、、、、古いバージョン(6.0)の「OSをSSDに移動」 にて完了しました。あとはBIOS設定でとどめです。

 ※ ちなみにリンクの記事のBuckupper Standardの使用法では、8.の「システムを他の場所に復元」の際に「次へ ≫」のボタンがメクラボタンでクリックできない状態であった為完了できませんでした。

 さて、増設後の感想ですが、HDDであれば起動時から「カラカラ」というHDDが鳴りながら、、、、待っていた時間がかなり短くなりました。静かに速い♪♪

 僅か1万円ほどでこの快適さは買いですw

 問題は取り付けた後のセットアップ次第だと思います。無料に拘れば苦労するし、有料であるから絶対成功とも言えないと思います。無料に拘って何日も苦労するのであれば、有料版で早く終わらせる事もメリットかと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«困った、、、、デスクトップPC