« ゴリラのタペット調整 (Z-50JZⅢ) | トップページ | Y2K »

2010年10月30日 (土)

点火時期調整(Z−50JZⅢ)

相変わらずゴリラの呪縛にかかっています。

6Vのモンゴリはポイント式点火です。点火時期を合わせるにはタイミングライトという工具を使いますが、そんな滅多に使わないので勿体無いので自作します。

豆電球と電気コードで車載バッテリーを使用し点火時期調整をします。

①まず、バッテリーのプラスと豆電球を繋ぎます。次に豆電球のもう一方のコードをエンジンにアースとして繋ぎます。

Ca3c0122_4 

②次にバッテリーのマイナスをエンジンから出ているソケットの黒白に繋ぐと豆電球が点灯します。

Ca3c0124

Ca3c0125_4 

③そこからフライホイールを進行方向にゆっくり手で回転させ豆電球が暗くなる位置がFになればオッケイですが、、

でもずれてます、、

Ca3c0126

でも合えばかかるという可能性がある訳です。

④で、合わない場合はポイントのベースを調整します。これが結構微調整で難しいです。

Ca3c0127_3

さて、結果ですが爆発の兆候は改善されました。が、エンジンはかかっていません。

|

« ゴリラのタペット調整 (Z-50JZⅢ) | トップページ | Y2K »

ゴリラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112684/49890486

この記事へのトラックバック一覧です: 点火時期調整(Z−50JZⅢ):

« ゴリラのタペット調整 (Z-50JZⅢ) | トップページ | Y2K »