オーディオ&ビジュアル

2017年2月10日 (金)

帯に短し襷に長し(おびにみじかしたすきにながし)

 中途半端で役に立たないことのたとえです。

 でも、、、、、ブルーレイレコーダーの話なんですね~w

 前記事にもある様に、D-VHS⇒レコーダーには取り込みは完了しましたが、、、、当然取り込みが進んでいくとレコーダーの容量が減ってく訳です、、、、

 2008年製ですので、DLNAには対応してますが、、、外付けHDDには対応してません。もともと購入予定ではあったのですが、、、当然、手持ちも豊富ではないので中古狙いではありますが、他の機器との連携も気にしないといけないし、古すぎると容量は少ないしで、2012年物にしました。
2013_bzt830
 ところが、、、、、DV、いわゆるデジタルビデオカメラの取り込みの機能がありませんでした、、、

 てことは、、、、古)レコーダー⇒ 新)レコーダーに移行の2度手間発生、、、、、
 
 さて、続編、、、、、、一旦、BW930にてDVをすべて取り込みました。

  でからBZT830に移行しようとしたら、、、「DR録画されたもの以外はダビングできません」だとさ、、、、、

 つまり、DVはハイビジョンではなくSD画像になります。なので×

 じゃあ、どうするか、、、、

 処分しようとしてたD-VHSにi.LINK接続で取り込むしかないな、、、、、って事は地デジチューナーはまだ処分できない。かつ、DVカメラも処分できない、、、

  なんかレコーダーって便利なようで出来ない事が多過ぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月18日 (水)

D-VHS⇒HDD⇒BD ( i.LINK)

  全然タイムリーではありませんけど(笑)

  ほぼ10年遅れています。でも、マニアックなネタではありますが、このネット時世ですが、明確な情報はないと思います。

  i.LINK自体が掴みにくい事もあります。そこにコピーワンスという信号が輪をかけます。
  結論から言いますと我が家のオーディオ機器では、D-VHS⇒HDDにダビング出来ています。

  【機器】
  D-VHS  VICTOR  HM-DH30000
  レコーダー  DIGA  BW-930
  チューナー  SHARP  TU-HD100

 【接続】
 HM-DH30000 ⇒ I.LINK ⇒ TU-HD100 ⇒ I.LINK ⇒ DIGA
  コツはコピーワンスの信号がレコーダーに入るまでにレコーダー録画する。という事だと思います。即時にチューナーの電源を切る事です。

  録画の基本は録画する機器の映像に他の機器の映像が入る事です。

  次のコツは上の他の機器の映像を入れる際にTS2(映像来ない)⇒TS1(映像来る)⇒コピー禁止信号が入るまでに録画、チューナー電源オフです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月14日 (土)

整理

  AVアンプの入替がきっかけで、色んな問題が、、、(苦笑)

2015_rxa2050_1_2

  ① カセットデッキが壊れていました、、、  ⇒  1981年製なので、メーカー修理などとっくに終わってます。様々な修理業者さんを検索し、現在入院1ヶ月です。

  ② ラックが27年使用しているので、もうボロボロでした。有名なラックメーカーだと10万円とかしますが、勿体無いのでとある業者さんにてサイズオーダーで作成して頂きました。

  ③ D-VHSデッキがもはや何時動かなくなってもおかしくなく、中古機器の市場も危ういようです。既に所有していた2台が修理不可能にて死亡しております。しかしながらテープは60本以上が残っています。

  ③ については現在のデッキが死亡するまでBD(ブルーレイ)化しないとなりません。
  で、10年間先送りしていたBD化を始めたら、、、

  なんと!!!

  D-VHS⇒ブルーレイレコーダーをi.LINKで接続してもうんともすんともです。
  ネット検索してみると、マニアックなネタですのでなかなかそんな人いません、、、

   どうやら、地上デジタルチューナー、もしくはRecPOTが必要?

   地上デジタルチューナーなんて、ブルーレイレコーダー買った時に処分してました、、、まああ、昔ほど高くないので即買(笑)

   つまり i.LINK 接続機器には接続じている機器の操作が出来る物と出来ない物があります。ブルーレイレコーダーにはi.LINK端子こそついていますが、他機は操作出来ません。D-VHS機も出来ません。そこでチューナーが必要となる訳です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2016年11月 3日 (木)

4K

Render4k_logo1
 4K(4 キロ=1000) すなわち3840×2160の画面解像度の事です。

 現状のHD(ハイビジョン)は1920×1080です。つまり高さで2倍、幅で2倍の4倍の解像度です。今のハイビジョンでさえ、「女優さんが大変だぁ」と思ったものです。

 実際に電気屋でデモ画面みても驚く程綺麗ですねぇ

 今のハイビジョンになる際もさんざん「騙されてはいけません」発言しましたが、今回も発言しとこうと思います。

 かねてから、電気メーカーの策略については異議を唱えております。電気屋さんの店員は「ハイエナ」に見えてしまう私です。

 みなさんも「質問ぜめ」にして買わずに帰ってきてしまいましょうw

 以前の記事でもAVアンプの販売価格はアップデートなしの毎年のモデルチェンジで「買い時」のないアクドイ売り方と書いた事あります。ただAVアンプなんて電機業界のあくどさを分かった人しか買わないんす。

 でも、テレビとか買う人はオーディオマニアでもなんでもないんです。

 つまり、今の4K買おうとする方は、「CS/BSの4Kチューナー両方とも入ってますか?」って聞いて下さい。(そんなんありませんけど、、、)ちなみに4Kチューナー付いてるレコーダーはシャープとスカパーのソニーのみです。(CSスカパー(有料))、ドライブ(BD/DVD)ついてません、、、
 
4k8kroadmap
 実用放送もまだ始まってもいません。
 つまり4K画質で見るには4Kのソフトと有料のCSスカパー
 BSの試験放送は http://www.nhk.or.jp/shv/

 注釈には
「試験放送を受信できるテレビは、まだ市販されていません。お近くのNHKの放送局でお楽しみください。
って書いてありますよ、、、、、

くれぐれも、ハイエナの餌食となって、しまった、、、、、

という事がないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年12月18日 (土)

形のあるもの(音楽)

 音楽のおはなしです♪

 アナログプレーヤー(レコードプレイヤー)、カセットデッキ、CDプレイヤー、MDプレイヤー、HDDレコーダー、PS3と昔からの機器が我が家にはありますが、、、、

 あまり聴かなくなってます。

 よく聴いてた頃は、テレビ、ラジオ、雑誌、レンタル、CDショップetc 耳にした曲が、誰のなんという曲名なのかを探し出し、レンタルで探すか、なければショップで買い、一番音質のいい状態で、カセットに録音。 その後レコードがCDになり、カセットテープがMD、CDに変わっていきました。

 現在では、探し出すのに苦労がいりません。ネットで検索すればすぐにたどり着いてしまいます。良いか悪いかwww 

 PCやHDDレコーダーに取り込んだら、そのままPCやレコーダーで聴くか、CDに無劣化でコピーして個人で楽しむwかマイクロSDにコピーして携帯電話で聴くかってとこなんですけど、、、、、 物があり過ぎると、邪魔だし整理するのも大変なのですが、形がある物にはやはり思い入れがあります。

 簡単に手に入る目に見えないデータにも当然価値はありますが、私的にはあまりお金を払いたくないのです。

 やはり簡単に手に入るものは簡単に飽きてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年3月14日 (日)

DLNA(Digital Living Network Alliance)

 新年あけたら、もう3月中旬になってしましました、、、、はやすぎです(苦笑)

 さて、DLNA(ダイレクトリビングネットワークアライアンス)。聞きなれないですネェw。私も最近知りましたが、家電や、パソコン分野での互換性をよくする団体の名称です。

 確かに、PC関連でいえば外付けHDは1.5TBで1万円ちょっと、対してブルーレイレコーダーだと1TBのもので10万円位と、どうにかいっしょにならんものかと、、、、東芝のレグザみたいに液晶やレコーダーに外付けできたりしますよね。

 ただ、ビデオテープ時代と違って、ハードディスクにハイビジョン画質で一時保存していると、意外にわざわざブルーレイに保存とかしなくなりました。しばらくすると消してもええかななんて感じです。かんたんに撮れるものは簡単に消してしまいます。

 対して、ビデオテープだと録画行為すら面倒だし、失敗すると2度と見れないしで、苦労して録画すれば、消すのもまた面倒だったりするものです。

 まあ、そんなこんなでDNLAですが、サーバー(受け側)としてPCやレコーダー、液晶テレビがあり、クライアント(操縦側)としてPS3があります。で、PS3があると家庭内のLAN接続されたDNLAサーバー機器の、我家でいえばDLNA対応のレコーダーの録画された番組がPS3と接続された別部屋の液晶テレビで見れたりするわけです。

 今回、無線LANを併用してのDLNA構築には以下のバッファロー製品を使用しましたが、セキュリティ面や面倒さから無線は避けていましたが、設定も簡単でなかなか便利なもんですねぇ。

K0000084703

http://buffalo.jp/products/catalog/network/wzr-hp-g301nh/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月17日 (日)

終結?(HDDレコーダー)

 巷で巻き起こっておりました次世代DVDの争いであった、BD(ブルーレイディスク)とHD-DVD(ハイディフィニションDVD)ですが、HD-DVD陣営の東芝が撤退ということでBD陣営の勝利となりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080217-00000066-san-bus_all

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年12月28日 (木)

もーーー! ややこしーねん!!

 って、思いますよね。私も思います。(爆)

 かと言って、電化製品売り場の店員の言う事聞いてたら、お金が幾らあっても足りません(苦笑)あと、それも新品ばかりなど、、、、、そりゃあ、フルスペックハイビジョンテレビが、ハイビジョンブラウン管よりも綺麗になれば、薄くなるし、軽くなるし。それに、BDかHD-DVDがいいでしょう♪ 

 ポンと買えれば、な~んも、言う事なし(爆)

 でも、その金額ならマグタンだって、ASウオタニだって、WPだって買えてしまうし(笑)現にこっち買うなぁ。家族は大反対だろうけど、、、、。

 あ”大事な事忘れてましたわ、わて、テレビほとんど見ませんねん(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブラウン管 ワイドテレビって?

 最近、ワイドテレビ(16:9)を貰いました(笑)。わらしべ作戦です。それまでは、4:3の普通のテレビでした。下の記事にあるように、ハイビジョン放送の16:9画像を16:9で見たいので、貰い受けました。当然の事ながら、ハイビジョン画像は見れますが、ハイビジョン画質ではありません。それでも、地上アナログとは比べ物にならないし、16:9は迫力あります♪

 ワイドテレビって、10年程前に一気に、テレビ売り場を埋め尽くしました。当時から地上アナログは16:9の放送はしていないって事も知っていましたので、買いませんでした。4:3の画像を歪ませて見るのは、私には苦痛でならなかったからです。

 まるっきり、電機メーカーの思うツボだった訳です。BSや、CSデジタルチューナーを持ってる人以外は、、、、

 で、使ってみると、地上デジタルチューナーで見るときは、放送側が16:9設定なので普通に見れますが、アナログ受信(4:3設定)のときは、どんなモードでも、気持ち悪く(歪みがある)やはり見れません。ノーマルモードで見てます。でも、このノーマルモードで見ると左右の画面が焼けるという話もあります。もとの4:3テレビより小さい画像です、、、、(苦笑)意味ないやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

巷で話題のハイビジョン

 暇なので、まだまだ続きます(笑)

 さて、ハイビジョン、ハイビジョンと巷では煩いですネェ(笑)でも、最近はフルスペックとか言い出し始めましたネェ、相変わらず、次から次と繰り出してきますネェ。買えないおいらには関係ないけど、その都度買う人は大変ですね。

 でも、10年近く前から、ハイビジョン対応とか言ってましたよね。それらは、地上・BS・CSデジタルチューナーを含まないテレビです。チューナーがない限り、ハイビジョン放送を見れない訳です。

 で、近年では、走査線1080本でデジタルチューナー搭載の、ハイビジョンブラウン管テレビと、走査線750の液晶&プラズマテレビがあり、画像の良いブラウン管は売り場の端に(笑)そして生産中止、、、、、、

 そして、「走査線750の液晶&プラズマ=ハイビジョンで綺麗」という方向に洗脳(笑)されていた訳です。曖昧なルールで、走査線750本でもハイビジョンと称しても良いというのがあったからです。

 で、ある程度売ってから、今度はフルの1080本!!みたいな(笑)初めからフルで出せよ!!って話ですよね(苦笑)

 でも、フルになっても液晶&プラズマよりブラウン管の方が綺麗みたいです。

 でも、まだまだ、難点があります。今度は放送サイドのお話です。実際には、ハイビジョン放送は、かなり少ないです。未だに、4:3の普通の画像(いわゆる地上アナログをデジタルにしただけ)がほとんどだったりします。おまけに、番組内容は、地上アナログと共通。わらえますね(笑)

 問題はそれだけではありません。

 放送側が4:3画像を16:9対応に左右に黒帯つけて、流すもんだから、うちのテレビは4:3で、更に上下に黒帯で、結局、全面を黒い帯が覆うのです、、、、、額縁放送って言います。しかし、それだと4:3テレビに4:3画像を縮小してみてる事になります。意味ないです。

 普通に、地上デジタル全てが16:9であれば、上下黒帯(レターボックス)だけで済むんですが、ハイビジョン&16:9なのは、実際にはNHKとかドラマ位です。

 放送局も含めて考えると、まさに、「踊らされてる」感じでしょうか。まあ、でも、以前よりは、ダイブ事実が増えましたよね。本当にデジタルチューナー搭載してるし、ハイビジョン放送も増えてるし。なにをいっても、録画がらくちん。新聞みたいな番組表が出てきて、予約ボタン押すだけで、録画側は何もしなくていいのでらくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|